受付時間 月~土 14:00-23:00
  • 伊勢崎校 0270-21-8766
  • 藪塚笠懸校 0277-76-1580
  • 赤堀あずま校 0270-75-5615
  • io 前橋本校 027-231-0199

授業料と各コースのご案内
中学3年生の部

すべては志望校合格のために。みなさんの将来を決める大切なこの一年、受験を熟知した東大ゼミ専任講師にお任せください。※アルバイト講師はいません。

伸びる!東大ゼミの5教科指導なら当たり前!

本科授業
●授業は東大ゼミ専任講師がします。
●中学校の指導内容に準拠して、学校の授業を先取りする形で5教科を指導します。
●講師がどんなポイントでつまづきやすいのかよく分かっており、ポイントを押さえた授業をしますので問題演習にも時間を割くことができインプット・アウトプットの両面で十分な質・量を確保した授業となっています。
●先に塾でポイントを押さえた授業を受けた後に学校の授業を受けることにより、学校の授業の理解度が高まります。
●授業では、勉強法や受験を優位に進める受験制度の知識など、塾生の勉強に対するモチベーションを高めます。
東大ゼミには、各学校のトップクラスの塾生が数多く在籍しています。しかし、最初から全員がトップクラスだったわけではありません。もともと力のある子は、少し学習環境を整えるだけで一気に成績がアップします。
定期テスト対策
●本科授業の一環として行っています。(追加費用は発生しません。)
●学校別対策(予想問題)授業を4時間以上設けています。
何が出題されるか熟知している東大ゼミ講師の授業なので、授業内容がそのまま出題されることもたびたびあります。
●学校のワークを進める自習質問時間を20時間以上設けています。
学校のワークがすごくはかどります。
●弱点単元は講師が指名して個別授業をします。担当講師が宿題の出来具合の管理を徹底しているから、塾生ひとりひとりの弱点に合わせた個別授業を行うことが可能なのです。
このテスト直前の個別授業と本科授業の相乗効果により、入塾後の最初のテストから多くの塾生が成績を上げています。東大ゼミはまさに集団授業と個別授業のいいとこ取りをしている他にはみられない学習塾なのです。
普段、勉強していない生徒は机に1時間座っているだけでも苦痛です。東大ゼミではそういう生徒の訓練と集中力養成のためにテスト前には多くの時間を自習質問時間に割いています。実際に低学年から通っている塾生ほど集中力がついています。
宿題
●定期テスト前後を除き、授業内容に沿った質の高い問題を出します。
●授業担当講師が添削をして返却します。(間違えは直してから帰ります。)
●宿題忘れは即居残り決定です。
●提出状況や出来具合については、普段の塾での学習の様子とともに、各ご家庭に対して定期的に学習報告書をお渡しします。
授業中に解けるようになるのと記憶に残すのは別物です。授業の翌日に類題を説いて記憶に残すことが大切なのです。東大ゼミは宿題を出さない、添削もしないと言った塾とは一線を画します。

先取り授業と補修の繰り返しで確実に成績アップ!

志望校合格のために様々な受験対策を用意しています。

群馬県統一テスト(GSC統一テスト)
豊富な蓄積に基づいたデータをもとに現状の位置を把握
第3号(7月)~9号(1月)を実施
志望校合格に向けて学習法をアドバイスしながら返却します。

2学期

土曜理社入試特訓
理科・社会で飛躍的な得点アップ
入試対策として1・2年範囲の総復習を行います。
2学期の昼間の時間帯を有効活用します。
英語長文読解講座
長文問題になれ、トレーニングすることが大切
群馬公立入試で必ず出題される英問英答式などの問題における正しい答案の作り方を指導します。
英語が得意な生徒はもちろん、苦手な生徒でも解答を導き出すテクニックを身につけていきます。
古文・漢文講座
古文・漢文の得点アップ
入試問題は有名な古典から多くの問題が出題されています。この講座では実際に入試問題を解きながら、1つでも多くの有名な古文・漢文にふれることで苦手意識を解消して高得点に結びつけます。
三者面談
中学3年生全員が対象
第一志望合格に向けて合格ラインの確認、今後の学習法をアドバイスします。
この面談をきっかけに偏差値をどんどん上げる塾生も少なくありません。

3学期

日曜入試対策授業
時間配分にも気を配り本番さながらの実戦形式
今まで習得した解法のテクニックから受験に必要な知識まで総復習を行います。
理科・社会記述対策講座
群馬県公立高校入試は、理科・社会の記述問題の出題は約4割
記述力があるかどうかが合否のカギを握るといっても過言ではありません。オリジナル教材で取り扱った問題と酷似した問題が実際の入試で数多く出題されています。本講座では重要記述問題から思考力を必要とする記述問題まで攻略していきます。
ボーダーライン補習
志望高校合格に向けて不安を感じている塾生を対象
2月は、本科授業終了後に最後の追い込みを行います。夜遅くにまでおよぶため参加は自由となりますが、毎年ほぼ全員が参加しています。合格を勝ち取るまで全力で受験生を応援します。
前期選抜対策 面接・小論文
実際に前期選抜で質問された内容をもとに受験校別に準備
面接練習は本番さながらの形式で行いアドバイスをします。志望動機や自己PRの組み立て方など困っている塾生への対応も行っています。
中学3年生の年間スケジュール

群馬県の受験の特徴に特化した講座で志望校に合格‼

よくあるご質問

Q.集団授業で分からない問題の質問できますか。

A.はい、質問はできます。授業中も気軽に質問できる授業展開を心がけています。ひとりが疑問に思う問題は他にもそういった生徒がいることは十分に考えられます。授業中の質問は大歓迎です。また、こちらもプロですから塾生の表情から理解できたかどうかはある程度察しがつきます。不安そうな表情をしている塾生には、しっかりと確認をしていきます。もちろん、全てが完全に把握できるとは考えてもいません。授業内容が理解できていたのかを把握するためにその日の授業内容に沿った宿題を課して塾生の理解度を確認することを講師全員が心がけています。

Q.同じ学校の友達がいておしゃべりしてしまうのが心配ですが。

A.おしゃべりが出てしまうような授業をしていませんのでご安心ください。東大ゼミの理念は「頑張る生徒を応援すること」です。真面目に取り組む塾生に迷惑になる行為は絶対にさせません。
例えば、テスト前の自習・質問時間は驚くほど静かに取り組んでいます。
同じ学校の友達がいるからこそ競争心をもってテスト前の長時間の自習に真剣に取り組むことができたりするのでむしろプラス面の方が大きいようです。

Q.勉強のやり方がわかっていないようなのですが。

A.テスト前にあらかじめ正しい勉強法を教えてもらったり、間違った勉強法をしていたら、講師が気づいた時点で直ぐに改善させます。

例えば、以下は間違った勉強法の例です。
▲テスト直前にきれいにカラフルなノートまとめをしている。
(夢中になり時間ばかりが過ぎ、目的がきれいなノートをつくることになってしまっている。)
▲問題集をただ単に繰り返している。
(できた問題とできなかった問題に印をつけていないので、出来なかった問題がいつまでたってもはっきりしない。)
▲漢字練習は10回ずつ書くことに決めている。
(1回書くだけで覚えられる漢字もあります。大切なのは覚えられたか確認することです。)